エンジニアの外資系転職・求人はキャリアVテクノロジー
IT、世界で合従連衡:アップルに対抗軸、グーグル+ソニー、ヤフー+ノキア

2009年世界のIT景気 回復探る >>

世界のIT業界で提携や買収が相次いでいる。ソニーと米グーグルが提携したのに続き、携帯電話世界最大手のノキアと米ヤフーが携帯向けインターネットサービスを実質統合することで合意した。ネットに接続する情報機器の主役がパソコンだった時代が終わり、米アップルが多機能端末の新時代を切り開いた。日本の電機大手も巻き込みながら、アップル対抗軸が次々と形成されつつある。
「テレビとウェブの融合は10年来の悲願。実現する時がついに来た」。米グーグルのエリック・シュミットCEOが、米国でインターネットテレビを投入する発表したのは5月20日。情報端末などの共同開発でも提携したソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長と、がっちり握手を交わした。
両社を結びつけたのは米アップルの躍進だ。同社は世界的に大ヒットしたスマートフォン「iPhone」で、外部のソフト会社などが自由な発想でゲームなどを開発し、提供する仕組みを構築した。こうしたソフトはすでに世界で18万種類を超え、アップルの収益源にもなっている。
ソニーとグーグルは同様の仕組みをインターネットテレビにも広げることを狙っている。両者が提携を発表した4日後、今度はノキアと検索大手の米ヤフーが提携を発表した。ノキアはスマートフォンの出荷台数で世界シェア約4割。ヤフーのサイト利用者は毎月6億人に上る。ネット専業と機器メーカーが手を組み、得意技術を持ち寄る構図はソニー・グーグル連合と同じだ。
ノキアとヤフーは共通ブランドでメールや地図情報などのサービス提供を始め、2011年までに全世界で事業を共同展開する。利用者はパソコンや携帯電話の違いを意識せず、さまざまなネットサービスを使えるようになる。ノキアはスマートフォンでアップルの攻撃を受けており、ヤフーと組んで対抗する。
IT業界ではネットに接続する機器の主役がパソコンの時代が長く続いた。勝者は米MSと、CPUを制した米インテルの2社だった。そんな「ウィンテル時代」の終わりを決定づけたのが株価だ。米ナスダック市場では5月26日、アップルの時価総額がMSを抜きIT業界で首位に躍り出た。
アップルの追撃を急ぐのはグーグル、MSだけではない。パソコン世界最大手の米HPも4月、携帯情報端末大手の米パームを12億ドルで買収。「スマートフォンの世界市場は1000憶ドルを超え、年率20%以上のペースで拡大している」(HP幹部)
ネット新時代に生き残れるのは、ネットサービスと機器の技術をともに持った企業連合に絞られる。ソニーはグーグルと組むことでネットの“弱点”を補う戦略に打って出るが、多くの日本企業はハード依存の収益構造から抜け出せていない。機器単体では規模に勝る韓国や台湾勢との低価格競争に勝ち残れない。
アップルの時価総額はIT業界で首位に(単位:億ドル)

アップル 2,213
MS 2,193
シスコシステムズ 1,310
グーグル 1,159
インテル 1,143
オラクル 1,097
HP 1,072
ソニー 311